メインイメージ画像

どちらにもデメリット

買換えには売る時期と買う時期のタイミングが大切です。今所有しているマンションを売る方が先か、買う方が先か、どちらがよいでしょうか?一緒に売却と購入ができれば理想的ですが、ほとんど理想通りには運ばない事が多いのではないでしょうか。先に売却ができた場合、購入資金として、使えるので住み替えの資金計画が立てやすいです。その引き換えに、引っ越しの期日も決定してしまうので、新しいマンションを急いで決めなくてはいけないというデメリットもあります。

先に購入した場合、希望の新居をゆっくりと見つけられる代わりに、今のマンションが売れない心配もあり、どちらも一長一短だと言えるでしょう。

リフォームは、物件を売る際に有利だという意見があります。その反対に、リフォームをする事をあんまりお勧めしない担当者もいます。リフォームは無論自己負担ですので、その金額を超える金額で売却できるかは微妙なところです。

部屋の一角だけ半端に直すと、部屋の古さが逆に際立ってしまう事も結構あるので必ずしも、リフォームが有利とは言い切れません。購入した後で、好きなように直したいという人も多いみたいです。室内の状態がすごく悪く、買いたいと思えないような状況の場合は、リフォームを検討しても良いみたいですが、だいたいの場合は、今のまま売却した方が、比較的高く契約できるみたいです。