main iconどんな職種が自分にあっているか

これからどんなバイトを始めるかを検討するにあたって、職種が何かという点はアルバイトを選ぶ上での大きなポイントになります。業種と職種を混同してしまう方もいますが、職種はその人の職務内容、具体例を挙げるなら「事務」や「販売」といったものを指します。次に業種は、その会社やショップの事業の内容を指し、具体的に言えばファストフード店なら「飲食業」、金融機関なら「金融業」など、その業界を指すものです。ある業種に属する企業で、いくつかの職種のアルバイトの求人が出ていることもありますが、バイトをするところでどのような仕事をするかは職種で違います。


ですから、バイト探しでは会社やお店の事業内容だけでなく、募集されている職種が何になるのかをチェックしておく事が必要です。いくつもの店舗や企業のある横浜でアルバイト探しをする場合、最初にどの職種で働きたいか考えておくことでスムーズにアルバイトを探すことができます。その理由は、インターネット上のアルバイト求人サイトを使って、横浜のアルバイトの求人を職種ごとに絞って探すことができるからです。横浜のアルバイト、という条件でアルバイト探しを始めても、横浜には数多くのバイトがあるので、1つ1つチェックするのは大変です。

cap image

どの職種を希望するのか考えてみても、あまり仕事のイメージが掴めず決められない方は、得意な事や自身の性格で決めましょう。

たとえば、あなたが作業をこつこつやるのが得意なら、お勧めは事務や軽作業です。誰かと話すことが好きなら、営業や販売に向いていると言えます。そうは言っても、仕事内容がどれだけ向いていても、興味を持って取り組める仕事内容でなければ意欲的に取り組めないという方もいますよね。

そういった方は、職種と業界の2つの条件からアルバイトを探しましょう。職種は同じ販売でも、アパレルやフード関連、携帯電話販売など、業界が違えば業務の進め方も扱うものも違います。今後挑戦したい業界や、特に興味がある分野があれば、その業種のアルバイトから自分が働きやすい職種のバイトを選ぶと、更に意欲的に働けるアルバイト探しが可能となります。

blog icon blog parts